運転適性診断のご案内

くるめ研修センターは平成25年10月、国土交通大臣より運転適性診断を行う機関として認定を受けました。

NASVAパートナーとしてNASVAと共に、運転適性診断を通じて自動車社会の安全・安心を実現するため努力して参ります。

運転適性診断とは

運転適性診断室貨物自動車運送事業輸送安全規則第10条、旅客自動車運送事業運輸規則第38条により、

(1)新たに雇い入れたドライバー
(2)65歳以上のドライバー
(3)事故惹起者

には運転適性診断を受けさせなければなりません。

運転適性診断の種類

種類対象者診断料手数料
一般診断全てのドライバー2,300円500円
初任診断新たに雇い入れたドライバー4,700円500円
適齢診断65歳以上のドライバー4,700円500円
特定診断I死者又は重傷事故を起こし、かつ、当該事故前の1年間に事故を
起こしたことがないドライバー
9,100円500円
軽傷事故を起こし、かつ、当該事故前の3年間に事故を起こした
ことがあるドライバー

※診断料・手数料には、消費税及び地方消費税が含まれています。

福岡県トラック協会会員様は、料金の一部が助成されます。詳細は、当センターにお問い合わせください。

運転適性診断のご案内

1.運転適性診断実施日最新の運転適性診断実施日をご確認ください。
2.開始時間1日4回  (1)9:00 (2)10:30 (3)14:00 (4)15:30
3.実施場所く る め 研 修 センター
福岡県久留米市東櫛原町289番地1
☎0942-46-2151
4.診断時間約1時間20分~2時間(ナスバネットで実施した場合)
カウンセリング手法による助言・指導 約1時間
5.所持品予約済受診申込書、運転免許証(ご本人確認用)、眼鏡類、
筆記用具(ボールペン)、診断料金、その他必要なもの
6.休業日土曜日、日曜日、祝日、及び年末年始
7.運転適性診断機ナスバネット 3台
8.注意事項
 (1)運転適性診断は全て事前予約制です。予約は先着順となりますので、早めにお申込み下さい。定員に達したときは、予約をお受けできませんのでご了承ください。
 (2)開始時間に遅れますと受診できなくなる場合がありますのでご注意下さい。
 (3)視力測定がありますので、運転する際に眼鏡等をご使用になる方は必ずご持参ください。

運転適性診断の内容

種類対象受診時期診断時間内容
一般診断任意任意
(加齢や生活環境の影響を受けて、運転に対する考え方や反応は変化します。安全運転を継続していくうえで定期的にこの診断を受診してその変化を把握していくことをおすすめします。)
約1時間20分電算処理システムによりドライバーの性格、運転態度、認知・処理機能、視覚機能などについて、心理及び生理の両面から個人の特性を把握し、安全運転に役立つアドバイスを記載した適性診断票を発行します。
初任診断新たに採用された者旅客当該旅客自動車運送事業者において、事業用自動車の運転者として選任する前約1時間40分診断の結果を基にプロドライバーとしての自覚、事故の未然防止のための運転行動等及び安全運転のための留意点等について助言・指導を行う。
貨物当該貨物自動車運送事業者において、初めてトラックに乗務する前
適齢診断65歳以上の者旅客「個人タクシー事業者以外」
65歳に達した日以後1年以内に1回、その後75歳に達するまで3年以内ごとに1回、75歳に達した日以後1年以内に1回、その後1年以内ごとに1回

「個人タクシー事業者」
当該事業の許可に付された期限の更新の日において、65歳以上である場合、当該期限の更新の申請前    
約1時間40分診断の結果を基に、加齢による身体機能の変化の運転行動への影響を認識してもらい、事故の未然防止のための身体機能の変化に応じた運転行動について助言・指導を行う。
貨物65歳に達した日以後1年以内その後3年以内ごとに1回
特定診断I1. 死亡又は重傷事故を起こし、かつ、当該事故前の1年間に事故を起こしたことがない者

2. 軽傷事故を起こし、かつ、当該事故前の3年間に事故を起こしたことがある者
当該事故を起こした後、再度事業用自動車に乗務する前約2時間交通事故を引き起こすに至った状況等について聞き取りを行い、運転経歴等を参考に交通事故の再発防止に必要な運転行動等について助言・指動を行う。
▲上部へ戻る

運転適性診断の流れ

予約申込みから受診までの流れ

○当センターで行う運転適性診断は、全て、事前予約制となっています。
事前に診断の種類、受診希望日及び開始時間をご確認のうえ、予約の申込みをお願いします。(定員がありますので、お早めにお申込みください。)

予約の申込み
  • 受診申込書をホームページよりダウンロードし、必要事項を記入して、FAX(郵送)又は直接、電話にてお申込みください。
  • ・福岡県トラック協会会員様は、こちらの受診申込書(同協会会員様専用)をダウンロードし、お申込みください。
  • ・予約は先着順です。受診希望日が定員に達したときは、予約をお受けできませんので、ご了承下さい。
  • ・当センターでは、診断種類、日時等の内容を確認してから予約を確定し、予約済受診申込書を申込者にFAX又は電話でご連絡します。
allow01
受付
  • ・予約日の開始時間前までに当センターにおいで下さい。
  • ・受付を行い、当日ご本人が記入した運転適性診断受診票、運転免許証及び予約済受診申込書を照合して、本人確認を行います。
  • ・受診当日に診断料・受診手数料を現金にて収受し、領収書を発行します。
  •   なお、福岡県トラック協会会員様は、料金の一部が助成されますので、差額分をお支払いください。

○受診日にご持参いただくもの
・予約済受診申込書、運転免許証(ご本人確認用)、診断料金、眼鏡類、その他必要なもの

allow01
診断開始

予約時間から申込みの運転適性診断を開始します。

【各種測定(診断の種類に応じて測定項目が異なります。)】

操作の正確さ
次々に起こる事態に対して的確、迅速な処理ができるかどうか測定します。

判断・動作のタイミング
動作を起こすタイミングの判断の適切さを測定します。

注意の配分
次々に変化する事態に対する注意の配分の具合を測定します。

視覚機能
動体視力、眼球運動、周辺視野等を測定します。

安全態度・危険感受性
運転者の安全運転に対する考え方や、交通事故防止のための危険予防・判断の妥当性を測定します。いくつかの運転コース(CGシミュレーション) における模擬運転データから測定します。(CGが苦手な方向けの問診もあります。)

○初任診断・適齢診断・特定診断Ⅰを受診の方

性格特性
安全な運転業務の遂行に関連する性格特性の度合いを問診します。

夜間視力(※適齢診断のみ)

allow01
運転適性診断票発行、安全運転助言・指導
測定の結果、優良な点、注意が必要な点、前回受診時データとの経年変化(同一事業所での受診に限ります。) 等を印刷した運転適性診断票を発行します。事業所の方も運転適性診断票により受診者に対して安全運転へのアドバイスにご利用ください。一般診断以外の診断では、当センターのカウ ンセラーがカウンセリング手法により、測定した結果に基づく助言・指導を行います。
allow01
診断終了
安全運転のためのアドバイスは、ドライバーご本人はもとより、事業者、運行管理者及び安全運転の指導者等の方も事故防止にお役立てください。
▲上部へ戻る

運転適性診断機器予約

◆ 年間のスケジュールは、こちらをご確認下さい。

【予約受付状況】
・下のカレンダーから予約状況をご確認下さい。
・2ヶ月先までの予約状況を入力しています。
リアルタイムの表示ではありませんので、詳しくは、担当までご確認お願い致します。
・お急ぎの場合はお電話ください【0942−46−2151】
お問い合わせはこちら

▲上部へ戻る